配偶者名義での借入の場合|現金代わりに使える海外プリペイドカードを使ってみよう

現金代わりに使える海外プリペイドカードを使ってみよう

通貨

配偶者名義での借入の場合

クレジットカード

通りやすいのは消費者金融

専業主婦がカードローンを申込む場合は、本人名義の収入が無いため、収入のある家族の名義で申込むことになります。多くの場合は、配偶者の名義を使っての申込みになりますので、本人確認やや収入証明必要書類は、配偶者の物を持参します。ネットで申込む場合も同様です。また審査も、配偶者の収入、あるいは個人信用情報をもとに進められます。カードローンは銀行または消費者金融、どちらでも利用できます。しかし初めての場合は、消費者金融を利用するのがいいでしょう。消費者金融のカードローンは審査基準が緩く、個人信用情報にブラックがない限り、大抵は審査に通ります。また急にお金が必要になった時は、即日融資のカードローンが便利ですが、特に即日審査の業者には、消費者金融が多いのが特徴です。

しかし総量規制には注意を

しかし専業主婦が消費者金融を利用する場合には事前に名義人である配偶者の同意が必要になります。消費者金融には総量規制があり、利用可能な金額が、名義人の収入の3分の1までという枠があるからです。この総量規制は、消費者金融のすべての利用が対象となるので、もし配偶者が他に消費者金融から借りていると、金額によっては借入ができなくなることもあります。しかし配偶者に内緒で申込みたいとか、あるいは総量規制に引っ掛かるような場合は、銀行がいいでしょう。銀行は総量規制が無く、専業主婦が配偶者の同意なしで利用できます。ただし審査はやや厳しくなります。それ以外には総量規制対象外の消費者金融も利用可能です。また専業主婦でも、内職などで自分の収入がある時は、自分名義で申込むこともできます。